« 鳥取のルイスカーンおじさん | トップページ | 山へ海へ・・・ さわさんさわちゃん三昧 »

2009年6月17日 (水)

三澤康彦さんと粟倉温泉へ・・・

 今日は智頭町に小池一三さん率いる町の工務店ネットの方たち20名ほどが

「森里海環学塾」?という勉強会でこられまして、智頭町長や鳥取の工務店さんたちが

合同で地場の杉をテーマに意見交換をする会?(間違ってたらすみません。)が

ありました。数ある林産地の中から智頭を選んでもらえたのは嬉しい。

こんなに質の良い材で量も豊富にあるのに地元でも県外でもあまり消費されて

いないのは使わない人の責任ではなく良さをPR出来ていないからでして僕ら製材所の

責任は大きく、昔の人がせっかく苦労して植林を研究し手入れされ続けてきたのに

申し訳がたたない。昔の石谷源蔵さんや大呂甚平さんのようなバイタリティーがある人が

若い人から出てこなくてはいけない。

 バイタリティーといえば一行より少し早くMS建築設計事務所の三澤康彦さんが

打ち合わせも兼ねてサカモトに来られたのですが集合時間まで時間があり

温泉に入りたいとおっしゃられたので粟倉温泉におつれしました。

 身のこなしがすごい早かったです。あまりの速さに写真撮れませんでした。。。

全国の林産地に行かれ、偏ることなく産地の材を大量に使われ、その実績は300棟を

越しているらしいです。建築家でありながら林業の発展に確実に貢献されている方です。

ニッパチ(昭和28年生まれ)は元気なんです!とおっしゃられてました。

あれぐらい熱くなって行動しないと智頭杉を広めることは出来ないんだろうなあと

すごいなあと思いながらメラメラ燃えてました。

三澤さん今日は良い勉強させていただきありがとうございました。

|

« 鳥取のルイスカーンおじさん | トップページ | 山へ海へ・・・ さわさんさわちゃん三昧 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三澤康彦さんと粟倉温泉へ・・・:

« 鳥取のルイスカーンおじさん | トップページ | 山へ海へ・・・ さわさんさわちゃん三昧 »