トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

うれしいお知らせ

今日は午後から住まいる空間金岡社長様と内田まるぼうず様とお会いし打ち合わせいたしました。某邸とぼう邸二件ほぼ同時に建てられるということと、他にも案件があるようで超多忙、お二人を見ていると鬼気迫るものを感じます。お手伝い出来ることはさせてもらいますよ~。

そしてうれしいお知らせ。

このタイミングで金岡社長様が今日向かわれた先が・・・

空間工房の森本さん!!

森本さんのことをなんと表現したら良いか・・・  いつも考えるのですが

とにかく、津山のご自宅で実体験されながら説明をいただける珪藻土の、断熱材ウールブレスの、電磁波対策の、館に行くことをお奨めします。建築のプロの方、建築関係以外の方、元気になりたい方、今は不景気だ~と思われいる方、一般の方、ぜひ行ってみてください。

今、サカモトや僕が目標を持ってがんばれている影響を与えてくださっている方です。

住まいる空間さんや空間工房さん、素敵な工務店さんや素敵な方々に杉を使っていただいたり、褒めて奨めていただいたり、杉のおかげで良い想いをさせてもらってます。

ググッときました。

昨日の早希ちゃん佐和ちゃん。子供の国にて。

あ~かわい。

P6280651

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

三徳山投げ入れ堂に登る

突然、沢さんが三徳山に登ろうや~と言われた。

しぶきさんと三人ですぐ車に乗り込み出発!早っ!!

スケッチブックと押し付けランチを持参で・・・

ワラジを履き登りだすと三人共すぐに息とテンションが上がるが

なんとか投げ入れ堂に到着。

P6260599

1000年以上前の木造建築、しかも基礎が崖っぷち。

今とは当然時代が違うが、お金のためじゃなく、

信仰心や自分達の象徴のためにここまでのモノを

造れるだけの力が人にはあるんだなあと思うと、

ある程度の問題はなんでも解決できるような気がしてきた。

また木造で1000年以上建っているということで

木の偉大さを改めて実感することができたとても

貴重な一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

杉で交流

いきなりくどい始まり方ですが、先日倉敷の小川建美さんの幸せ片田さん宅にフローリングとブラインドの取り付けに行ってきたんです。そしたら・・・

P6160561

P6160568_2   

智頭杉めちゃくちゃ綺麗でびっくりしました。

片田さんご夫妻は恒例の「坂本家ご夫婦ランキング」でも上位にランクインしている素敵カップルでして、その方たちに生活の一部に智頭杉を入れてもらい、きっと大事に使い続けてくださると思うと本当に嬉しいです。 お幸せに・・・

そしてこの小川建美さんすごい会社でして社員自ら休み返上して大金をだして会社をよくするために自己啓発セミナーに参加したり、お客様を集めて運動会をしたりします。

オープンハウスをすれば何百組来場します。ですが社長様初め、社員さんたちもまったく力んでないというか楽しみながら仕事をしている感じです。なので来られるお客さんも家はもちろん会社の雰囲気に魅力を感じてお願いしているようです。身近な会社では僕の理想の会社像です。

 岡山と鳥取は隣同士ですが木材の交流がどこか遠い感覚があるのですが、商売だけじゃなく、歴史の智頭杉と技術の岡山が杉を通して交流することがきっかけで少しでも両県の距離感が縮まればなあと思いました。

 P6170569

 今日の佐和ちゃん。ド迫力です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

山へ海へ・・・ さわさんさわちゃん三昧

昨日はカーンおじさんこと(有)シェドの沢さんが樹木学習に山へ連れていってくださった。

製材所の息子、農業大学校では日々林業をしていながら僕は樹木をあまり知らない。

製材した木には強いけど立ち木に弱い・・・ ダサい・・・ 

うえき村という砂丘園芸さんがされている山の上の施設に案内していただきいろいろ教えてもらいました。沢さんはなんでも知っておられて丁寧に教えてくださりとても良い勉強になりました。沢さんありがとうございました。

P6200579

自宅の庭は自分でなんとかしたい!と意気込んできたのですが、

あまりのすばらしい施設に危うくうえき村に発注してしまいそうでした・・

 後ギャラリー柏原ではもちろん有名写真家の作品もプリントが良く??見応えがあったのですがそれ以上にオーナーの柏原さんのふところの広さに感激しました。

 そして今日は朝から洗車をした後、竣工一年を迎えたので杉の家具やキッチン、 脱衣所カウンター、玄関ドアなどにワックスがけ(杉にはやっぱりオスモカラー)を施した。

 ずっと新品というわけにはいかないですが上手に手入れをすることで杉や自然素材は

味わい深くなっていきます。手入れすることに対し木目が表情でお礼をしてくれます。

 その後、愛娘、佐和ちゃんの海デビューに家族三人でかろ港に出発!今日も可愛かったな~

 Img_2080

 P6210584

週末、山へ海へ・・・ さわさんさわちゃん三昧でした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

三澤康彦さんと粟倉温泉へ・・・

 今日は智頭町に小池一三さん率いる町の工務店ネットの方たち20名ほどが

「森里海環学塾」?という勉強会でこられまして、智頭町長や鳥取の工務店さんたちが

合同で地場の杉をテーマに意見交換をする会?(間違ってたらすみません。)が

ありました。数ある林産地の中から智頭を選んでもらえたのは嬉しい。

こんなに質の良い材で量も豊富にあるのに地元でも県外でもあまり消費されて

いないのは使わない人の責任ではなく良さをPR出来ていないからでして僕ら製材所の

責任は大きく、昔の人がせっかく苦労して植林を研究し手入れされ続けてきたのに

申し訳がたたない。昔の石谷源蔵さんや大呂甚平さんのようなバイタリティーがある人が

若い人から出てこなくてはいけない。

 バイタリティーといえば一行より少し早くMS建築設計事務所の三澤康彦さんが

打ち合わせも兼ねてサカモトに来られたのですが集合時間まで時間があり

温泉に入りたいとおっしゃられたので粟倉温泉におつれしました。

 身のこなしがすごい早かったです。あまりの速さに写真撮れませんでした。。。

全国の林産地に行かれ、偏ることなく産地の材を大量に使われ、その実績は300棟を

越しているらしいです。建築家でありながら林業の発展に確実に貢献されている方です。

ニッパチ(昭和28年生まれ)は元気なんです!とおっしゃられてました。

あれぐらい熱くなって行動しないと智頭杉を広めることは出来ないんだろうなあと

すごいなあと思いながらメラメラ燃えてました。

三澤さん今日は良い勉強させていただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

鳥取のルイスカーンおじさん

一昨日、シェド建築設計室にお邪魔して所長のカーンおじさんこと沢さんの楽しいお話と

優秀なスタッフのしぶきさんのCADの講義を受けさせていただきました。

 こちらの事務所は初めて来た人は誰もがびっくりします。(また写真載せます)

 かっこいい屋根裏部屋からかっこいい建物を設計されています。

 人の価値観は日々の中で少しづつ形成されたり、変わってくるものだと思うのですが

沢さんの家は初めて海外旅行に行った時のような価値観の変え方をしてくれます。

 僕もその一人でして人生で家を建てるなど考えてもなかったのですが若葉台の家

見た瞬間まったく同じ家がほしい!と思いました。

 素人の僕の良く分からない条件もやさしく包み込みながらご自分の経験とセンスで施主

を教育していく感じです。

 僕は当時27才という短いフライトで運良くこの建物に会えました

がなかなか会えない人もいます。でもレーダーをはっていれば意外と近くに自分の価値観

にあったモノ、変えてくれるモノに出会えるんだなあと思いました。

 沢さん、しぶきさんありがとうございます。

また佐和ちゃんの誕生日に李慶子さんの作品の素敵なガラス玉をいただきまして

ありがとうございました。これで佐和ちゃんの運勢を占ったらきっと大吉でしょうね~

Img_2063

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

誕生日おめでとう!

今日は我が子、佐和ちゃんの1才の誕生日。

この子はすごい子です。

お腹の中にいる時に、私の父の葬儀、奥さんのお母さんの葬儀、

新築、引越しのバタバタの中にあり元気に産まれてくれて(奥さんがとても苦労して産んで

くれて・・・)

つらいことが続いていた時に喜びを与えてくれた産まれながらの親孝行娘です。

生後一年間いっしょに生活させてもらい、幸せです。

だいぶ大きくなってもう歩きそうなくらいだ

ずっと見守っとるからゆっくり成長していこうね。

佐和ちゃん生まれてきてくれて本当にありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

杉のフローリング、ブラインド、キッチン・・・毎日杉だらけです

 林業に情熱を持った先人達が100年前に植林し

下刈り、枝打ち、間伐などたゆまぬ努力で手入れし

続けた杉がようやく立ち木としての役割を終え、 

1_2   

  Photo

 丸太の市の様子。杉が大好きな人ばかりが集まる。

0105

製材の様子。この道40年の職人。

理屈じゃない、木の事を誰よりも知っている。

0116

製材後、マグロを裁いたような綺麗なピンク色。

Dsc_0086

今度は人の手によって大事に住み家の一部に

姿を変えていく。ただの家具や建材とは違い

出来た時が始まりだったり一番の状態ではない。すでにストーリーがあり、

これから時間が経つほどもっともっと味が出てくる。

人と本当に良く似ている。

だから木が好きなんだろうなあ。

Dsc_0005_2

P6210171

杉のフローリング、ブラインド、キッチン・・・

杉だらけな毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅杉ましたが始めます

   今からブログは少しスタートが遅い気もしますが、年輪を刻む杉の成長と同じように

ゆっくりじっくりと杉に対する想いを育てていきたいと思います。

 普段は家業の杉専門の製材所,鳥取県智頭杉の㈱サカモトで働いていて、

自宅は智頭から少し離れた八頭町にオール智頭杉で設計を(有)シェド建築設計室

沢年彦先生にお願いして、施工は近所の森木棟梁に建ててもらいました。

Dscn4762

Dscn4764

Dscn4732_3   

  杉の空間にまず自分が住んでみないと人に説明は出来ない!

 もっと杉の空間のすばらしさを知ってもらいたい!

 という単純な想いだけで。

 今この家を中心に活動しているのでここから「杉」の情報発信と

今30歳の僕自身「杉」に対する想いと知識を少し遅いスタートですがゆっくりと積み重ね

ていきたいです。

Img_1570

家族と杉の空間に包まれながら幸せに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年7月 »